So-net無料ブログ作成

Panasonic のレッツノート SV7 2018秋冬 LTE内蔵モデル CF-SV7JFQQR を買ってみた [Windows]

以前、レッツノートSZ5で手痛い目に会いましたが、全部入り軽量モバイルノートといえば結局パナソニックのLet's noteシリーズしか選択肢がほぼないので、レッツノート SV7 2018秋冬モデルを購入しました。

IMG_0002.jpg

今回は、個人向けの店頭販売モデル CF-SV7JFQQR 330,436円(税込)を購入。前回の失敗を活かして、ローエンドモデルではなく店頭向け最上位モデルです。PC人生で最も高額な商品です。

中身と仕様はこんな感じです。
SZ5もそうでしたが、高額なのにプラスチック感丸出しなのは萎えます。

IMG_0003.jpg

・本体色 ブラック
・Core i7-8550U 4コア8スレッド
・メモリ 8GB
・SSD 512GB
・LTE内蔵(バンド 1,3,8,18,19,21,28,41、nano SIM、SIMフリー)
・Thunderbolt 3 (PD対応)
・スーパーマルチドライブ
・12.1型(16:10)WUXGA TFTカラー液晶 (1920 x 1200ドット)、アンチグレア
・バッテリーパック(L)
・Windows 10 Pro
・Microsoft Office Home and Business 2016

ちなみに、サポートの人曰く、店頭販売用の「ブラック」とパナソニックストアの直販用カスタマイズレッツノートの「ジェットブラック」は同じ色だそうです。店頭モデルのブラックも結構指紋が目立ちます。

IMG_0006.jpg

基本的に、店舗向けモデルよりも直販のカスタマイズレッツノートの方が、メモリ 16GB、PCIe接続のSSD、ブルーレイドライブも選択できて、Officeの有無も必要に応じて選べるので、カスタマイズレッツノートをお勧めします。しかし、直販モデルのカスタマイズレッツノートは、受注生産だけど生産用の在庫がないと注文できない仕組みになっており、カスタマイズ内容によっては、かなり競争率の高い争奪戦となっています。

性能の方はというと、ベンチするまでもなく爆速。レッツノートSZ5とは比べ物にならないほど速いです。Thunderbolt 3 も付いているので eGPU も買えば使えます。また、Thunderbolt 3 端子(Type-C)からの充電にも対応しているので、充電器が他の機器と共用できるようになり、かなり便利になりました。出張の荷物削減に役立ちます。内蔵LTEには、UQ mobileでデータ高速プランを契約している LTE用 nano SIM を刺してUQ用のAPNを設定して使っています(VoLTEのマルチSIMじゃない方のSIMカードです)。テザリングの必要もないのでかなり快適です。

というわけで、パワフル全部入りモバイルPCとしてバリバリ使っていきたいと思います。
やはりこれぐらい軽いと苦もなく出張に持っていけますね。

〜追記(2019.2.8)〜
出張中に Windows 10 のマップを使ったところ、なんと位置情報がピッタリ合っていました。
もしやと思い、デバイスマネージャを見てみると「Sierra Wireless Snapdragon X7 LTE-A NMEA Port(COM3)」というGPSのデータがタラタラ流れてきそうな名前のポートを発見。TeraTERMでCOM3に繋いでみると、やはりNMEAフォーマットでGPSとGLONASSと複合GPSのデータがタラタラ流れてきます。
レッツノートの仕様にはGPS内蔵とは書かれていないので、GPSアンテナが省略されていたりするのかもしれませんが、内蔵WAN(LTE)モジュールの標準機能をわざわざOFFにしたモジュールを特注して出荷するのもアレなので、受信できたらラッキーみたいなおまけっぽい感じでしょうか・・・。

nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
ブログを作る(無料) powered by SSブログ 人気のスカイタイム「キウイ」が10年ぶりに復刻♪-JALショッピング デル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】