So-net無料ブログ作成

レノボ Lenovo Legion Y7000 2019 にメモリとHDDを増設してみた。 [Windows]

先日届いた、Lenovo Legion Y7000 にメモリとHDDを増設したいと思います。

レノボのLegion Y7000 には、DDR4-2666の8GBメモリが1枚装着されて届きました。S.O.DIMM 1スロット分が空いています。HDDベイは空の状態ですが、ノートPC本体の付属品としてHDD/SSD増設用のSATAケーブルとマウンタに固定するためのネジが同封されてきます。コレって、分かる奴は好きにやってくれというLenovoからのメッセージということでいいですよね[わーい(嬉しい顔)]

では、準備する物はこちら。
IMG_0598.jpg

メモリは、CFD販売のクルーシャル D4N2400CM-16G DDR4-2400を2枚。DDR4-2666よりスペックが落ちますが、8GBから32GBになるので、まあ良しとしましょう。2019年7月頃にAmazonで購入した物で、当時は8,414円/枚(税込)でした。HDDは、余り物の SEAGATEのSSHD FireCuda 2TBと本体同梱のSATAケーブル。この他に、プラスドライバー1本とケースを開けるヘラが必要です。ヘラはNECのLavie分解で苦労したので、ヨドバシで iFixit のオープニングツール(IF145-335-2)を買ってみました。

基本的に、レノボのパソコンはマニュアルが充実していて、Lenovoのサイトに分解マニュアルがありますので、分解方法についてはそちらを参照していただくのが良いかと思います。下記のURLで、製品名「Y7000」と入力すると、いくつか選択肢が表示されます。その中から、「各種ドキュメント」の文字の部分をクリックすると、ハードウェアメンテナンスマニュアルを見ることができます。
https://support.lenovo.com/ie/ja/

では、マニュアルに従って裏蓋を開けます。
難関は2カ所だけです。

IMG_0599.jpg

予想外に工作精度が良すぎてヘラすら入る隙間がないですが、ヘラ2本を駆使して気合いでマニュアルの図の位置を参考に隙間を作ります。これが1つめの難関。

IMG_0600.jpg

次の2カ所目の難関は両サイドです。この位置も開けるのが難しいですが、マニュアルの開ける順番の図を見ながら、慎重に探ってみましょう。ここまで突破すればあとは楽勝です。ここで書くのもなんですが、iFixitのこのタイプのヘラはあまり役に立ってません。もうちょっと薄い感じの違う形のがいいかも[いい気分(温泉)]

裏蓋が外れるとこんな感じです。
IMG_0601.jpg

SSDに薄紫色のテープみたいなのが貼ってありますが、裏蓋側にSSD用のヒートシンクらしき物がついているので、そちら側に熱を送るためのテープではないかと思います。バッテリーは直付けとなっており、ユーザー自身で交換はできなさそうです。

IMG_0604.jpg

SSDとメモリを装着しました。
あとは裏蓋を閉めるだけ。

32ddr4.jpg

無事にSSHD(ディスク1)が追加され、メモリも32GBになりました。

メモリについては、レノボの製品仕様書では標準8GBで出荷されるモデルは最大搭載量も8GB、標準16GBのモデルは最大も16GBになっていたので、認識するかどうか不安でしたが、一応大丈夫なようです。

この状態で「ファイナルファンタジーXIV 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を実行するとこんな感じ。14843で非常に快適と言う結果でした。

ffxivy7000_2.jpg

ただし、ファンはブン回ります[いい気分(温泉)]


nice!(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
ブログを作る(無料) powered by SSブログ 人気のスカイタイム「キウイ」が10年ぶりに復刻♪-JALショッピング デル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】